▲クリップタイプ 《T-10-C》
       出入り口が大きいので部品の保管にも
ロイアルエンジニアリング


・トップページ


・試作品の設計製作
・精密プラスチックの部品製造
エコ・ウェルドレス金型
・E.S.スプルーブッシュ
・ペレット真空保存容器NEW
・真空保存容器の製造・販売


・徹底した検査設備
・環境に配慮する成形設備


・事業意識
・会社概要
・設備概要


・問合せフォーム

サービス案内>ペレット真空保存容器



    ▲細口タイプ 《T-10-N》








 





ペレット真空保存容器


 PA(ナイロン)など一部の樹脂は吸水性が高く、
一度開封してしまった樹脂に水分を含ませないよう長期保存することが困難です。
吸水してしまった樹脂は使用前に予備乾燥が必要となり、品質も安定しません。
無駄なコストとエネルギーが必要となります。
  ロイアルの「ペレット真空保存容器」は容器内を真空にすることで樹脂を外気からシャットアウト。
最高到達真空度-0.09MPaの力で吸水を防ぐので、予備乾燥の必要がなく、使用したいときにすぐ使用可能となります。 
また何度でもくり返し真空状態にできるので、開封時の樹脂状態が使い終わるまで維持できます。

検証データ  使用方法 製品ラインナップ  製品購入  








【 検証データ 】




 【 試験条件 】 開封したPA6(アーレン1801KS)を以下の2条件で保管。
            @通常保存 :入荷時の袋に入れたままミシンで封をし、常温にて保管。
            A真空保存 :樹脂を「ペレット真空保存容器」に移し、真空状態で常温にて保管。
           1ヵ月毎に「水分率」、製品成形後の「製品重量」「外径寸法」「外観」を測定し、その変化を比較する。
           尚、成形時はどちらも予備乾燥なしでそのまま使用。成形条件も毎回同条件にて行うこととする。

 【 試験結果 】 通常保存では樹脂が徐々に吸水し、試験開始3ヶ月後には成形品にシルバーが発生した。
            一方、真空保存したものは水分率がほぼ横這い状態で、試験開始から4ヵ月経過しても問題なく成形可能であった。

                        
                    ▲通常保存成形品(シルバー発生)       ▲ペレット真空保存容器使用
 
                                                                                  ▲ページTOP       

【 使用方法 】
  
  ●細口タイプ 〜ホッパーへの投入が便利!〜
                
  @キャップを回してフタを外し、     A中身を入れ終わったらフタを締め、容器が平らに      Bポンプの押し引きをくり返して脱気します。
   中身を注ぎやすいように         なるよう、中身を均一にならしてください。            袋が硬くなったら真空引き完了です!
   ろう斗(※)を容器の口に差        フタについた吸引ノズルと真空引き用のポンプ
   しこんでださい。その後、少        を繋ぎます。
   しずつ中身を入れてください。

   ※ろう斗は市販品をお買い求めくださいませ。
   [参考] https://www.monotaro.com/g/00277932/?t.q=35786904 (モノタロウ)
        https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223008090497/ (ミスミ)



  ●クリップタイプ 〜広口で出し入れらくらく!〜

                                                                                    ▲ページTOP


【 製品ラインナップ 】


                  細口タイプ                       クリップタイプ
         
       透明蒸着袋               アルミ蒸着袋                   透明蒸着袋               アルミ蒸着袋
品番    《 T-10-N 》              《 A-10-N 》                  《 T-10-C 》              《 A-10-C 》


 封入可能容量 10kg     ※その他大・小サイズもご用意できます。ご相談くださいませ。
製品一覧 T-10-N :細口タイプ・透明蒸着袋
A-10-N :細口タイプ・アルミ蒸着袋
T-10-C ;クリップタイプ・透明蒸着袋
A-10-C :クリップタイプ・アルミ蒸着袋
 口元形状について 細口タイプ   :ホッパーへ中身をそのまま投入しやすい形状です。
クリップタイプ :広口なので軽量カップなどでの出し入れが楽な形状です。
 袋材質について 透明蒸着袋  :多重構造のフィルムが外気を遮断します。
アルミ蒸着袋 :紫外線対策に適した材質です。
 オプション  真空引き用外付けポンプ
!注意! 中身の樹脂ペレットは付属しません。容器のみの販売です。
:真空引き用外付けポンプ※
※市販されている自動ポンプを使用すると、より簡単に真空引きができます。
  [参考] https://www.monotaro.com/p/1067/8656/  (モノタロウ)
       http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/221005545745/?ProductCode=LS-40-AC100V (ミスミ)


                                                                                   ▲ページTOP


【 製品購入について 】


当製品をお求めの方は弊社までお気軽にお問合せくださいませ。
メール・お電話・FAXよりお待ちしております。
    
 
 ・製品についてのご質問
 ・御見積り依頼 (ロット購入〜1個からでも承ります!)      
  


   TEL:04-7157-4835   FAX:04-7157-2725
 
メールでのお問合わせ  ←クリックでメールソフトが起動します。


                                                                                    ▲ページTOP


ロイアルエンジニアリング株式会社
本社:千葉県我孫子市天王台3-3-5 Tel:04(7183)6100
短納期試作金型/プラスティック精密射出成形/真空保存容器の製造・販売

Copyright(C) 2011 LOYAL・ENGINEERING Allrights reserved.
HOME事業意識会社概要設備概要|お問合せ|